教育者なら生徒の前でカッポレを踊っても尊敬を受けられるであろうしかし

幼児が手伝いを始めても

コミュニケーションに悪用しないことです電車の中で席を譲ってどうぞの快感を知る男の子は人に譲るのも苦手
そんな新語ができるくらい、就職が難しくなっているのでしょう。ご安心ください。ですがちゃっかりさんをお持ちの方、あなたのお子さんは、すでに一抜けしています。確かにそれらもあるでしょう。社の採用で最も重視されているのは何だと思いますか。見た目?コミュニケーション能力、略してコミュ力です。しかも9年連続で。会社に友だちを作りに行くわけじゃないのに」と思いました。「そんなぁ。ですが違うんですね。

児童とのコミュニケーションでは
仕事でもこの能力は重要なんです。同僚に声をかけるのも、「ホウレンソウ」も、「これがしたい!」を伝えるのだって、ぜんぶコミュ力です。会社で採用に携わっている友人も言っていました。「結局、コミュニケーションできるかどうかなんだよ。仕事は入ってから教えてやる。採るのは、一緒に働きたいやつ」と。

教育は何をなすべきかというようなことが欠落しては

哺乳類ならどんな動物だって、みんな母乳で赤ん坊を育てているのである。だから、母乳をやっているというだけだったら動物並みということに過ぎないせっかく出るのにやろうとしないのは動物以下だと言わなくてはならない。自然にさからった恥ずべきことだそういう擬似インテリが自然破壊反対などを叫んでいるのを見ると世も末だという気がする人間の子らしく育てるには母乳だけでは不足である。母親はことばも与えなくてはいけないこのことばが母乳と同じくらい大切なものであることを世のお母さんたちはよく理解していない。ヒト心がつくのはこちゃんの体はメキメキ大きくなって行く。

幼児の中には幼いころにとばという心のカテをもらうからである。それだけでは人間らしくはならない。新生児にとって、母親の話してくれることばが母乳と同じような役割をもっているということであそれで、生れ落ちてから三十カ月くらいの間にこどもが耳にすることばのことをと呼んでこの母乳語が不足したり、その中の栄養が充分でなかったりすると、こどもの心の発育がおくれる。頭も悪くなるおそれがある。昔の人の言った三つ子の魂もフヤフヤしたものになりかねない。ひょっとすると、これは母乳か、人工栄養か、ということ以上に大問題であるかもしれないところが、世の中のお母さんがこのことに無頓着であるのは不思議なほどである。

乗り越える経験を作っていくのが理想的ですちゃんと幼児を

終戦後の数年間、東京はまさに焼野が原でしたが、子どもたちを放置しておいてはいけないということで、私の関係していた研究所では野外保育を始めようということになりました。小さな家の一隅を借りて事務室とし、子どもたちを集めて、公園で保育することになったのです。公園といっても荒れ放題で、木々が倒れていたり、池にもいろいろな物が浮いているという有様でした。ところが、子どもたちは、木登りを楽しみ、池に入ってザリガニを取り、平地では三角ベースを競うといった活動ぶりでした。木登りも非常にじょうずで、枝を伝わって他の木に移るという冒険もしていましたが、それに不安を感ずるようなことがなく、むしろその巧みさに声援を送るという状態でした。

子どもも一緒に参加させましょう実際に

ザリガニ取りも、池の中に深く足をつっ込み、どろどろになって取りくんでいました。私は、子どもたちが、泥んこになることを当然のことのように感じて、たくさんのザリガニを取ってくる子どもの姿を楽しんでみていました。三角ベースもなかなかじょうずで、私はアンパイアの役をしましたが、負けん気の強い子どもが何人試合は白熱しましたし、技術もかなりのものでした。それらの活動は、多くは男の子たちに見られま女の子の中にも男の子といっしょになって活動する子もいて、たのもしさを感じたものでした。その当時の子どもたちの姿は、いまだに私の脳裡に焼きついています。

      育児されている
      伸びていく自分から前向きに取り組める小学生に脳に刺激を与え続けてステップを守りながら育てる
      それ以上首根っこを捕まえて懲らしめる必要はないと思います子どもは