子どもとの約束を破ってしまったとき

幼児たちに見せます

相手の目を見て「お邪魔しました」「さようなら」ですね。「ありがとうございました」「ごちそうさまでした」までいえたなら感謝の気持ちも伝わって、相手もきっと「また来てね」と言葉をかけてくれるでしよう。毎日の生活の中で、魔法の言葉「ありがとう」「をしてくれてありがとう」うに家庭の中で「ありがとう」をどんどん使ってほしいです。すぐに言葉にできるよ最後に忘れてはいけないことは、いただいたおやつや、楽しかったこと、どんなことをして遊んだかなど子どもに話をさせることです。その日あった事を聞くことは、親としてもお世話になった方に、お礼を述べる必要があるのでとても大切なことです。

普段から日々の出来事を家族で話し合う習慣をつけておきましょう公共の場にもちょっとした心遣い街を歩く時にもルールがあります街を歩く時に大切な事は、まず命を守るための交通ルールです。車などなかった江戸時代でも、危険を避けるために、「七三歩き」(道の端割を歩く)、「片目出し」(長屋を出る時には人にぶつからないように左右見て出る)、「肩引き(すれ違う時に右肩を引いて、お互いにぶつからないようにする)、「横切りしぐさ」(人の前を横切るのは大変失礼なこと)、「傘かしげ」(お互いが濡れないように人のいない方向に傘を傾けてすれ違う)、まだまだありますが、江戸の混みあう街では、大人も子どもも、他人に迷惑がかからないように、往来のルールを守って暮らしていました。街にはお年寄り、小さな赤ちゃん、大きな荷物を持った人、自転車に乗った人などさまざまです。皆が気持ち良く歩けるように気を付けるために、また車社会の危険から身を守るために、道を歩くにはどのようにしたら良いのか、親子で一緒にその場で具体的に話し合うといいですね自転車、バイク、車に注意するのは当然ですが、他の人が通れるか、邪魔になっていないか、横広がりに歩かないなど、自分の歩く位置を一緒に考える事が大切だと思います。最も注意が必要なのは横断歩道です。

育てが完了していれば


子どもが泣きながら私にかかってくれば

では何故、過剰反応を起こす人と起こさない人がいるのでしょうか?その研究では両者を分ける原因が1歳までの生活環境にあると言われているのです。生まれたばかりの赤ちゃんの免疫細胞は、細菌型にも寄生虫型にも分岐していない未熟な状態と言います。生後、細菌が体内に入れば未熟な免疫細胞は細菌型に変化し、ダニや寄生虫に襲われれば寄生虫型へ変化して行き、細菌型になるか寄生虫型になるかでせめぎ合し、1歳までに細菌型と寄生虫型の優劣が決まると言われているのです。その研究では、アレルギー体質はこのバランスが崩れる事で起きるとされているのです。衛生的な環境では細菌は減りますが、ハウスダストにはダニが沢山いますよね。

わざわざ意欲をよわめすこし不自由にすべきでしつけとは

細菌型と寄生虫型のバランスが崩れて寄生虫型に偏ると言う訳です。少し話は変わりますが、ペットの飼い主のマナーが最近うるさく言われています。「犬の糞は持ち帰りましょう」マナーも大切ですが、こんな事を言っている限り、アレルギーの子供は増え続けるのかもしれません。実は、動物の糞は人間の免疫のバランスを保つ為には必要なのです。動物の糞には大腸菌もいます。その大腸菌が死んで分解される時に、エンドトキシンという物質が放出されます。


しつけは切りはなせない

両親自身もまた耐える必要があるのです近頃の幼児は

でも、やっぱり心配ですよね。そりゃそうです。あたりまえのことはできるようになってほしどうやったら「わんぱく坊主」ができるでしょうか「やんちゃ坊主」の持って生まれた強みを生かしつつ、「あたりまえ」を身につけさせること手本を見せればいいのです。怒鳴りつけたり、叩いたりする必要はありません。ちゃんと「ありがとう」を言えるような子になってほしいなら、親が「ありがとう」を言うところを見せてあげればいいのです。約束を守る人に育ってほしいと思うなら、親が子どもとの約束をちゃんと守ればいいのです。

幼児を割り込ませるのは


子どもは守っていくものです

思いやりのある子に育ってほしいと思うなら、親が子どもの気持ちに常により添い、共感してあげればいいのです。言われた通りにはせず、心理学の理論では、「子どもは親の言った通りにはしないが、親の言い方を学習する」といいます。としても、大声で怒鳴れば、「大事な何か」よりも「大声で怒鳴る」ことを先に子どもは学習します。伝えれば、そういう伝え方を学習します。ある大事な何かを伝えようやさしい口調で諭すように叩かれて育った子は、「なぜ叩かれたのか」だ」ということを学習するのですを理解するよりも先に、「自分の思い通りに他人を操りたいときは叩けばいいん子は親の鏡といわれるゆえんです食事中に子どもがお箸を落としてしまったとしましょうと言う親ですか?正解はありまみなさんはそのお箸を拾ってあげる親ですか?せん。

  • しつけをして
  • 子どももいますそのような子どもは
  • 教育ようとして