子どもが自分で歌う声が

育児と解釈して

育てがうまくいくと何より
経験も少ないから、知っている世界も狭く浅い。理解できる言葉も少ないし、論理的に考えることにも慣れてはいない。しかし、その頭には既に大人と同じものが入っている。心の働きも大人と何も違わない。違うのは今までのインプットの量だけだ。だから、一人の人間として、きちんと向き合うことを心がけている。対話をする時もそうだ。

幼児の気持ちをくみ取ってあげましょうなどと書かれているので
小さいから理屈が分からないだろうと思うのは大人の思いこみだ。実は理屈が分からないように見えるのは、子どもに理解できる言葉や言い回しを使わずに話しているからだ。難しい言葉でも、子どもになじみのある言葉を巧みに使って言い表す手間を惜しまなければ、子どもでも大抵のことは理解できる。確かに体験を必要とするようなことは、想像の範囲を超えて理解できないかも知れない。それであっても、子どもの想像できる体験に置き換えて例えてやることで想像できるかも知れない。

子どもながら急にいろいろなストレスを感じるようになるでしょうでも

洗濯してある靴下に替えて送り出していました。帰る時は気持ちよくご挨拶使った物を元に戻したり、遊んだおもちゃを自分で片づける習慣はできていますか。使った物は所定の位置へ戻す。物の住所は決めておきましょう。何かを始める前に、自分で片づけてから行動に移すことが身に付いていないと、なかなか他所に行ってもできません。毎日の生活の中で根気よく教えて行きましょう。他所で借りるものにトイレがあります。

育てないように稽古事には子供写真館に行くことがおすすめ家族以外の人に、「トイレに行きたい」と言うのが苦手な子も多いです。決して恥ずかしいことではないことを教えて、言えないまま失敗することがないように、気を付けてあげるべきです。他所に行ったら、「トイレを貸してもらえますか」と言えるように、また、もし汚してしまったら、お家の人にちゃんと話せるように練習してから出かけましょう。洗面所も同様ですが、次に使う人が不愉快な思いをしないように、スリッパを揃える、ドアーを閉めるなど、次の人への思いやりの気持ちは大切で帰る時の印象は、さわやかにしたいものです。お邪魔する時と同様に、しっかりとお礼の言葉を言えるようにしましょう。

子供は無意識に質問をしなくなります逆に

ずっとお父さんやお母さんが選んできたのでしょう。何をするにも親が決めてくれたら楽で、小さいうちは失敗やトラブルを避けることができるでしょう。けれども、そのままいけば他人任せの人生になってしまいます。他人任せということは、言い換えれば無責任です。うまくいかなければ「親のせいでこうなった」と恨むようになるかもしれません。

子どもに考えさせましょうし

自立とはほど遠い状いくら寝ても寝足りないという時「うちの子、寝てばっかりなんです!」と怒るお母さんがいます。「学校から帰ったらまず寝て、ごはんを食べてテレビを見てるなと思ったらまた寝ていて、お風呂に入ってやっと勉強するのかと思えば、いつの間にか布団に入っていて。一体、いつ勉強するんでしょうか」と訴えてこられます。クラブ活動の後や夕食後などは眠くなるのもわか塾でも子どもたちは時々眠気に負けそうになっています。必死で起きようとしながらカクンとなってしまう時は本格的に居眠りしたりするとガツンと叱ります「がんばってるなぁと思いますが、机に突っ伏して眠くて仕方ない時、家でなら思い切って三十分ぐらい寝るのもいいと思います。

      幼児がいれば心配です
      幼児だけでトイレに行かせるのは絶対にやめましょう
      子どもに思いやりの心を育てるには