幼児がありますそれには

子どもが外で遊ぶようになるには

子どもが痛がっていても
父:大きく曲がったままになるね。実際の地面も同じ状態になって山ができることがあるんだ。噴火でできた山よりも、こっちの山の方がながーい山になるんだよ。子:鳥のつばさも、ひこうきのつばさみたいになってるの?父:鳥のつばさは、ひこうきとは違う形だよ。それに、それぞれの鳥の種類で少しずつ形が違うんだ。

子どもの遊びは生活に根をおろしながら

子:じゃあ、なんで飛ぶことができるのかな??父:ひこうきと鳥では、飛べるしくみが違うんだ。大きな鳥で説明すると、分かりやすいかな。世界で一番大きな鳥はコンコルドっていうんだ。つばさを伸ばすと3メートルもあるんだよ。子:3メートルっていったら、僕の身長3人分くらいある!父:すごく大きいでしょ。

 

幼児がいますその原因は

その学校に入学出来なかった人に対しては優位性を持っていても、同じ合格者同士には優位性はありません。中学ではクラスの中で優位性を保っていても、同じレベルの人が集まっている高校では優位性は無くなるのです。努力をして、同じレベルの人の中でも優位性を持ち、大学受験に合格して希望の大学に入ると、希望の大学に進めなかった人に対して絶対優位になります。そして就職。大学受験の時に希望の大学に進めなかった人がA社に就職出来て、希望の大学に進んだ人がA社に就職出来なければ、優位性は逆転する事になります。希望の会社に就職しても、新入社員は比較劣位になり何の優位性もありません。

育てできていないかも!!
年数を重ねた社員は、新入社員に対して優位性を持っていますが、新入社員の資質と努力が高ければ、年数を重ねた社員の優位性は脅かされます。また、学力が高い人は学力に優位性を持ち、コミュニケーション能力が高い人は、コミュニケーション能力に優位性を持っています。就職する際に、会社が求める物が学力であれば学力に優位性を持つ人が有利になり、コミュニケーション能力を求める会社であれば、コミュニケーション能力に優位性を持っている人が有利になしかし、学力はテストや学歴である程度判断できますが、コミュニケーション能力は面接程度ではあまり分かりません。入社時においては学力に優位性を持った人に優位性があるのですが、入社後はコミュニケーション能力が必要とされる為、コミュニケーション能力に優位性を持っている人に優位性が生学力とコミュニケーション、どちらも努力で向上させる事は出来るのですが、コミュニケーション能力は経験により身に付く為、せっかく良い大学を出て就職したのに直ぐ止めてしまう人には、比較優位にいた時と同じ行動を取って不評を買ってしまったり、成長してからでは身に付けるのは難しくなるのです。理不尽を感じて辞めてしまう人が少なくありません。

 

幼児に対して寛容性を示せばいいのです

前述のお母さんはその後、私のアドバイス通りにお子さんに「認める」言葉をかけるようにしました。そうすると今までは、「片付けなさい!」おもちゃ全部捨てちゃうから!」「ヤダヤダ(泣)」の会話が延々と繰り返されていたのが、子どものほうから、「○ちゃんは散らかってるの平気だけど、ママはイヤなの?」と聞いてくるようになったそうです。。ちゃんと違ってママは散らかったお部屋にいるとイライラしてしまうの」そうすると子どもは、こう言えたそうです。「じゃあ~、ママのいるところは散らかさないようにする」リビングはママがいるお部屋だから散らかさないで、遊ぶときは和室でね」とお母さんは言い、その後、一応遊ぶ部屋を決めようとする動きが見られるようになったということです(夢中になるとまだまだリビングも散らかしてしまうようですが(笑)母さんの心もずいぶん落ち着きました。お「しつけるj子育ての方法に比べれば、とくに乳幼児期に子どもの「理想的でない振る舞い叱りつけたり、心にもない褒め言葉でおだてながら、くなってしまうかもしれません。

子どもは苦しい思いをしています

そう、これが「とにかく認める」、なんです。良いところを探して褒める必要などはありません。全然「いい子」じゃないその子の「あるがままをとにかくいったん認める」ということです。とかく親は自分の子どもなのだから自分を基準にして「私と同じ」にしようと子育てをしがちですが、もちろん子どもは親とは違う人格であるのが当たり前です。その違い、親にとっては理解しがたい振る舞い、性質を、すべていったん言葉に出して「認める」ことこそが、子どもの脳育てにとってはとても必要なことなのです。